【飛行機代が無料】旅に行きたい大学生はJALカードを使い倒そう!

大学生




突然ですが、旅行の飛行機代を無料にする方法って知っていますか?

おい、おい。そんな方法があるわけ…
あるんです。
本当か!?どうやんだ?
普段の現金で支払っているものをクレジットカードで支払うだけでいいんです。
え。クレジットカードって学生でも持てんの?
持てます。むしろ学生が使った方がお得に利用できるんです。
僕は基本的に国内での飛行機の移動マイル支払いなので無料です。
すげーじゃねーか。もっと詳しく聞かせてくれよ。
下記でもっと詳しく説明していきますね!




JALマイレージバンクについて

JALマイレージバンクとは、会員になることでJALを使用しての旅に行くことでマイルというポイントを貯めることができます。

また、JALマイレージバンクの会員になるとマイレージカードを取得出来ます。

マイレージカードにはJMBカード」JALカード」があります。

JMBカード」はクレジット機能がついておらず、支払いの機能としては電子マネーの「WAON」がついています。

JALカード」はクレジット機能付きのマイレージカードです。今回はこちらを中心に説明していきます。

クレジットカードを学生が持つことについて抵抗があるという大学生が多いようですが、JALカードにはnaviカードと言って学生専用のクレジットカードが存在します。こちらを使用することで通常よりもお得な特典を得ることができます。

例えば

  • 在学期間中は年会費が無料
  • 沖縄から北海道まで国内なら片道3,000マイルで旅行可能(通常は片道6,000マイル)
  • 年間のマイル獲得数に応じて、追加で貯まるマイルが多い

などなど。

「学生よ!どんどん旅にいけ!」と言われているくらい、特典があふれています!

なかなかお得じゃねーか。でもよ、マイルって本当に貯まんのか?
貯まります!以下でマイルを貯める方法について詳しく説明していきますね!

マイルを貯める方法

じゃあマイルってどうやって貯めんの? ということですが、主にマイルを貯める方法としては以下のものがあります。

  1. フライト
  2. ショッピング
  3. オリジナルボーナス

1.フライト

フライトで獲得することができるマイルとしては通常フライトマイルとフライトボーナスマイルがあります。

通常フライトマイル

例えば、僕が先日ラオスにいった例で説明しますと、

右上にある積算マイルというのが、この便で獲得できるマイル数です。

これは片道分ですので、往復で3300マイルほどが獲得できます。

3000マイルあると、飛行機で国内のどこに行っても片道分が無料でいけます。

羽田から新千歳までが片道、燃料費込みで約8,000円とするとその分だけお得に!

日本・東京→タイ・バンコク→ラオス・ルアンパバーンの移動でもらえる、この1,652マイルが通常フライトマイルになります。

こちらは区間と乗る便の運賃によって獲得できる運賃が変わりますので、チケットを買う際に確認してください!

搭乗毎ボーナス

搭乗ごとに通常もらえるマイルのうち、10%のマイルを獲得できます。


先ほどの、東京→ラオス・ルアンパバーンの例でいうとフライトマイルが1,600マイルですので160マイルほどがボーナスとして追加でもらえます。

入会ボーナス

JALマイレージバンクに入会をしてから初めて飛行機を使用する際には初回搭乗ボーナスとして1,000マイル獲得することができます。

毎年初回ボーナス

毎年の初めての搭乗の際にボーナスとして、これまた1,000マイル獲得できます。

2.ショッピング

大学生であれば、ここでマイルをたくさん稼ぐことができますよ!!

naviカードの使用

これは普段の現金や電子マネーでの支払いをnaviカードで支払うというものです。コンビニでの支払い、レストランでの支払いなどを現金ではなく、クレジットカードでの支払いにすることでマイルがたまります。

naviカードであれば100円=1マイルの計算でマイルを獲得することができます。

おいおい100円=1マイルって、全然たまんないじゃねーかよ!
実はこれはコンビニやレストランだけでの支払いに限らないんです。それについても説明していきます!

例えば、光熱費家賃も全てJALカードで支払いに変えて、月に約8万円を消費するとします。そうすると、固定費だけで月に800マイルが獲得できます。

おまけに服を買うときもカード、美容室での支払いもカードにしてしまえば1月だけで、1,000マイル以上貯まることも!

普段何気なく払っている固定費を全てカードでの支払いにしてしまうことで、意外とマイルが獲得できてしまいます。

ほうほう。一人暮らしの学生には特にお得じゃねーか!

特約店での利用

特約店とは、JALと特別に契約をしているお店のことです。そこでJALカードを使用することで通常は100円=1マイルだったのが、100=2マイルと倍のマイルが獲得できます。

例えば、大手コンビニエンスストアのFamily Martも特約店の1つです。現金や電子マネーでの支払いではなく、JALカードの支払いにすることでお得にマイルを獲得することができます。

3.オリジナルボーナス

JALにはオリジナルボーナスといって、通常とは少し違った方法でマイルを獲得する方法もあります!

飛ぶほどボーナス

毎年の1月~12月までの獲得したフライトマイル数に応じた、追加のマイルがプレゼントされます。

獲得フライトマイル プレゼントされるマイル
  2,500~4,999         →                1,000    
5,000マイル以上         →               2,000    

貯めるほどボーナス

年間を通じて通常のnaviカードの使用で獲得したマイルに応じて追加でプレゼントされるマイルです。

通常獲得マイル プレゼントされるマイル
0~999マイル              →            50マイル
1,000~1,999マイル      →         100マイル
2,000~2,999マイル       →          200マイル
3,000マイル以上         →         300マイル

海外旅行ボーナス

こちらはJAL国際線の利用で片道につき300マイルが追加プレゼントされます。

語学検定ボーナス

英検やTOEIC、その他中国語検定などにおいて、それぞれ決められた点数以上の点数を獲得した証明書を提示する事で、500マイルを獲得できます。

例えば、TOEICなら600点以上で500マイル獲得できます。

注意点としては1言語につき500マイルもらえるのであって、英検とTOEICで基準点を上回ったとしても両方で500マイルを獲得できる訳ではありません。中国語検定とTOEICであれば、それぞれ500マイル獲得できます。

卒業継続ボーナス

卒業した際に、JALカードを継続した場合に2,000マイルを獲得できます。

本当にいろんなマイルの獲得方法があるんだな!

マイルを集めるちょっとしたコツ

自分が実践している方法でマイルを効率よく獲得している方法があるので、それらを2つ紹介しますね。

家族マイル

JALには、家族プログラムというものが存在します。どういったものかというと、家族でJALカードを使用して獲得したマイルを合算して使用することができます。

合算したマイル数は家族マイルとして、自分で獲得したマイルは個人マイルとして分けて貯められるので、使用する際もどちらを使用するかを選択することができます。

例えば、家族で旅行する際には合算したマイルを使用するという方法でもいいですし、あるいは家族で集めたマイルを両親や兄弟が仕事をしていてマイルを利用できないから個人の旅行に使用するという方法でも大丈夫です。

マイルが貯まりやすくなる上に、使用する幅も広がるのでできれば家族で入会することをお勧めします。

まとめ払い

例えば、飲み会などを大人数で行う際に最後の支払いで一人一人からお金を集めて払いますよね。その際に、カードでまとめて支払ってしまい、後から現金でそれぞれの料金を回収すれば、結果として個人で支払う金額は通常通り1人分なのに、まとめて払った分マイルは獲得できるという、めちゃくちゃお得なマイル獲得方法です。

僕はこの方法でたくさんマイルを貯めていますw

まとめ

複雑な部分もあったと思いますが、主なマイルの貯め方については以上です。

お得な点としては

  • マイルが貯まるし
  • 無料で飛行機乗って旅行けるし
  • 最低限の現金しか持たなくていいし
  • 支払いが楽になるし

旅行はたくさんしたい!でも、バイトしなきゃお金が足りない。。

そんな方はぜひJAL naviカードを使用することをお勧めします!

普段支払っているもの全てカードで支払うことで、マイルを貯めて、タダで旅行に行きましょう!